トップページ > 一般的なお子様の病気

一般的なお子様の病気

当院では下記の病気・症状の治療を行っています

風邪(かぜ)、発熱(はつねつ)、鼻づまり、鼻水(はなみず)、のどの痛み、咳(せき)、腹痛、下痢(げり)、嘔吐(おうと)の他、気管支炎、肺炎、皮膚炎、湿疹、喘息(ぜんそく)、中耳炎、ひきつけ(痙攣)など多岐にわたる小児の病気を診察・治療いたします。

当院の治療方針

当院では、小児科専門医としての経験と知識から、診察時にわかる範囲のことは、可能な限りお母様・お父様・ご家族の方にお話しています。

薬が必要であれば、年齢や体重、診察時の状況を考慮に入れて処方を決定し、時間をかけてご納得いただける診療を心がけています。

乳幼児の場合、ご自分で症状を訴えることがほとんどできません。お子様に代わり、お母様やご家族の方に症状についてお話いただきますが、お薬ひとつにしても、当医院では「何のためのお薬なのか」、「薬が本当に必要なのか」など、疑問に思われることを一つひとつ丁寧にご説明しています。

診療時間

平日:9:00~12:00、15:30~17:30 土曜:9:00~12:00 予約診療(予防接種・健診):14:00~15:00 休診日:水曜・日曜・祝日